木彫り熊

2016年10月02日

木彫りの熊10月号

久しぶりに買いました。
IMG_6826
 大きくてすっごい重い。
IMG_6832
 いや~良い作品です。(どっちも)

IMG_6827
おまけでくださった子。1977年10月生まれ。

IMG_6828
ドッペルゲンガーが家におりましたが毛並みが全然違いますね。
ああ~癒される。
先日華族の番組がやってて、勿論義親さん(様の方がいいのかな!?)の場面があり、まあ~毎度のことながらよくできたお方だ~と感動しっぱなしでした。
この熊たちが本当に背負ってるのは鮭じゃない、と思わせる何かがあるのが木彫りの熊の魅力ですね。
 

pandaisuki416 at 21:54|PermalinkComments(2)

2016年06月10日

木彫りの熊6月号

久しぶりの木彫り熊
IMG_5538
IMG_5539
 手乗りサイズ。このサイズは持ってますが鮭は銜えてなかったです。
そういえばこのサイズの熊、靖国神社の骨董市では2500円とか4000円で売られてたのを思い出しました。けどそれはさすがにバカらしいと言うかボッタ・・・な価格。 多分外国人観光客から搾取する為の価格なんでしょうけど。適正価格を知らないと人生大損しますね。

最近は皆様ご存知の通り木彫りの熊ブームでして、数百円で買える子なんて滅多にいないのです。ライバルと言うか、良い子はみんなに狙われてるんです。
全く興味のない方からすると信じられないかもしれませんが、1体ン万円で買われるモノも沢山あるんですよ。
なので気に入った子がいても本命のコレクションではない為上限金額を決めてるのでなかなかゲットできないと言う最近です。







IMG_5540

IMG_5541
 新入りのベタさん、連れてきたころの水カビのせいでヒレの先が溶けてしまってますが。とても元気です。

影響されて母もベタを飼い始めました。ベタの賢さが一日でわかったらしく、今後1泊の旅行でも私に預けて行こうか本気で悩んでました。 


IMG_5543
IMG_5547
 元気そうだけどもう2歳過ぎてるんですよね、多分。

pandaisuki416 at 12:41|PermalinkComments(0)

2016年04月04日

木彫りの熊4月号と東奔西走の一日

3月は初っ端からノロウィルスにかかり、何かをしたい・欲しいと言うエネルギーがなかなか回復しなかったので木彫りの熊もその他いつもなら即買いしてるであろう物も何にも買えず寂しい日々を送ってました。
今は物を買うリハビリ中(笑)
IMG_4652
 久しぶりの木彫り熊。親子の作品はお初です。入雲 北作と書かれてあります。何の木で作られてるのか、とにかく重い!毛並みが細かくてすごいです。
 熊もねぇ~2匹ずつと言わずビッグダディみたいに沢山繁殖すればいいのに。(だとしたらこの作家さんは確実に腱鞘炎&ノイローゼになってしまいますけど。)

IMG_4661
山野草とも相性抜群!

昨日は好きな事の為に朝から晩まで動き回ってた一日でしたが、その中でも!!
IMG_4651
夫とライブに行ってきました。
動悸息切れ、貧血めまい・・・あとはベタさんの口の腫れぐらいしか日常で辛いことはないですが、また今日から毎日頑張れそうです。こう言う素敵な事が目の前にぶら下がる人参になってくれて走ることができるのは大変幸せな事です。
勝手に名前を頂戴してる身としては・・・恥じぬよう冷凍パスタ食べたら羊毛制作ちゃんとしようと思います。


 

pandaisuki416 at 10:52|PermalinkComments(0)

2016年02月24日

月刊木彫りの熊2月号

12月、1月と結構浪費したので今月は物欲には大人しくしてもらってました。なので木彫りの熊も影響を受け、増えた子少ないです。

その①
IMG_4063
IMG_4065
IMG_4062
 川上さんの作品と聞き迷わず購入しました。1957年の作品です。すごいニスの艶・・・誰かが塗ってしまったのでしょう・・・。
IMG_4061
 ブックエンドとして使用中。

その②
IMG_4074
 お皿。
木彫りの熊のお皿はこの業界では人気みたいですよ。

木彫りの熊を集め出してわかったことなのですが、この類・・・達磨とか狸とか七福神とか土佐犬とか、「ダサい」と言われ消えつつある置物、と思われてるものがあるポイントに当てはまったものは今でもかなりの人気があるみたいです。 

1、作られた時代が古い
2、作家物
3、そのモチーフでユニークな商品
4、ただただすごくかわいい。
5、ただただ酷くブサイク。

がポイントです。古いB級キャラはまだまだ元気です。「何をどうしても大人気、その名は招き猫」とは違う、細々と隙間産業で頑張ってる姿がこれまたかわいいですね。
 
可哀そうなのは干支の置物。何をどうしても人気がない・・・。 

pandaisuki416 at 23:12|PermalinkComments(0)

2016年01月25日

月刊木彫りの熊1月号

今月も数体増えました。

IMG_3616
IMG_3617
 お土産感は強めですがつぶらな瞳がかわいらしい。鮭の部分を割ってしまったのですが、素材が木なので綺麗にボンドでくっつきすぐに元通りになりました。


IMG_3618
IMG_3619
 昨日花園神社の骨董市で購入しました。5センチぐらいの小さい子です。


IMG_3620
IMG_3621
 以前購入の子に似たような子がいましたが・・・
IMG_3622
顔も違えば彫り方も違いますね。

IMG_3624
10円玉以下の大きさのペンダントトップ。しかも裏には日付と作家さんネームが彫られてます!
無くさないようにお猪口で保管。

来月号はあるのか!?月刊木彫りの熊・・・。


IMG_3566
土曜日は友人の結婚式に出席させていただきました。椿山荘、母校近くですけど行った事なかった(笑)のでこの広い庭園のどこを写して良いやら。

IMG_3614
 花園だけでなく靖国神社の骨董市にも行ってきました。が、何もわからない外国人観光客がターゲットの骨董市なのか、そんなに良くないものがビックリするくらいの高値で売られてるばかりで、かなりガッカリな感じでした・・・。

東京は暑くてくたびれました。帰宅してホワイトアウトで少しテンションあがりました。って都会人ぶってみる(笑)
雪かきしても疲れない!雪の下に隠れてた溝に落ちてもへっちゃら!本当に良い結婚式でした。

IMG_3626
寒い窓辺から床に一時避難のベタさん。
 

pandaisuki416 at 12:37|PermalinkComments(0)